×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

超高層ビルの構造情報

超高層ビルは近年たくさん建築されています。現在、世界で最も高いビルは、2004年竣工で台湾の台北市信義区にある、地上101階建て、高さ508mの台北101(TAIPEI 101)です。
超高層ビルはたくさん建築されていますが、一番の問題点は地震や風圧対策(耐震構造)ではないでしょうか。
超高層ビルの地震や風圧対策(耐震構造)は、
今までの普通の建築物では『剛構造』という地震や風圧に耐える構造が主体でした。
その原理は人が走行中の列車内で脚を踏ん張って揺れに耐える原理を応用していました。

超高層ビルの構造情報をパソコンで調べてみると

しかし超高層ビルでは剛構造の原理を使わずに、地震の揺れや風圧にある程度建物を任せる『柔構造』の建築の原理を使っている超高層ビルが多い。
高層マンションにも使用されている。原理としては建物自体が地震の揺れや風圧があった場合、ゆれる原理である。
現在建設される超高層ビルに関しては、基礎部分に油圧装置(油圧ダンパー)を取り付けて、柱の中に低降伏点鋼を挟み(制震柱)、
建物の上部にダンパーと呼ばれる錘(おもり)を取りつけたりして揺れを少なくする方法(いずれも制震構造)を使用している超高層マンションや超高層ビルが多い。

超高層ビルの建設

超高層ビルは
超高層ビルはの大きさによって違いますが、たいていの場合、かなりの需要能力を必要ですので、
再開発事業などで提案をし、建築する時に、区画整理後の敷地で狭い土地に建設される建物の場合、超高層ビルや万章になる場合が多い。
結局、横には広げることができないのであるならば、上に積み上げる感覚なのです。
超高層ビルの建てれるのは、その立てようとする不動産価格が高い土地に事業者が投資しようとしますがなかなか回収出来ません。
簡単に回収する方法として多層の建築を設けて収益を得ようとする事から結果的に超高層ビルにするのが一番いいわけです。
また限られた土地に許容を超えた収容をしなければならない場合や、土地や都市、国などのランドマーク(シンボル)として建設する場合などがあります。

Copyright © 2007 超高層ビルのパソコン情報